【堀江貴文】『マンガで身につく 多動力』で誰もが行動したくなる

ホリエモンこと堀江貴文氏の『マンガで身につく 多動力』を読んでみました。『NewsPicks Comic』第1弾にして、編集長自身の著書。堀江氏はよほどのマンガ推しみたいですね。

本記事は単なる感想文ではないです。本書を読んでわかった行動したくなる秘密と今から読むのなら、一般書とコミックスのどちらがオススメなのか?という疑問への僕なりの回答を書きました!

購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

「誰もが行動したくなる」漫画だった

1度読み終えてみて「ああー、動きてぇ」「意識の高いことをつぶやきてぇ」と思うようになってました。しばらく、動きたい衝動に駆られてました。何も手につきませんでしたね笑

僕自身、堀江氏著書の本は読んでこなかったんですよね。気にはなっていたけど、実際に堀江氏の書籍を読むのは初めてでした。そこらの啓発本と同じことしか言ってないだろうと思い、敬遠してました。似たような本は掃いて捨てるほどあるよと…。

では、本書もよくある啓発本と似たようなことしか書かれていなかったのか?というと、そうではありません。確かに、どこかで見たことのあるようなことも書かれていました。それでも、読んだことのない情報も書かれていました。なによりも、他の書籍よりも抜群に読みやすく、わかりやすかったのが良かったです。

啓発本にありがちな「言いたいことはわかった。で?どうしろと?」という疑問を抱くことがなかったんです。ありません?「へぇー、なるほどー、で?」ってやつ。それはあなただからできたんでしょ?とか、具体的なことが全く書かれていないとか…。本書はそうした書籍とは違い、変な疑問を抱く前にスラスラと読み進めてしまい、気づけば読み終わっていました。

ブッとんだ設定だったけれども、きちんとストーリー(仕事のできる先輩×できない主人公)があり、漫画を読み進めることで著者の強い主張を簡単に理解できました。この理解のしやすさ、そしてそのスピードこそが漫画の利点なんですよね。

当然ですが、漫画なので絵があるわけです。その絵があることでイメージを考える必要がない。だから、読むスピードも理解するスピードも理解度も高い。その上、著者とは異なるイメージを持たれることもない。堀江氏自身が漫画を強く推す理由がよくわかります。

もともと十分に理解力のある人にしかわからない啓発本も残念ながら、存在するんですよね。理解力・行動力のある人の知識や技術、主張を共有してこその啓発本だと僕は思うんです。だから、一部の人にしかわからない啓発本はハズレだと思いますし、本書『マンガで身につく 多動力』は大当たりといえるでしょう。

コミックスはオススメできるのか?

本書が一般書物の『多動力』のコミックス版であることは、既にご存知でしょう。もとの『多動力』を読んだ上で、コミックスも気になっているという人も多いはず。

元の『多動力』は立ち読み程度、Kindle版コミックは購入の僕が、どちらがオススメなのか?改めてコミックス版を買う必要はあるのか?という疑問にお答えしたいと思います。「立ち読み程度かよ…」と思われたかもしれませんが、きちんと理由があって立ち読み程度です(理由は後ほど)。

コミックスは圧倒的にわかりやすく、要点がまとめられている!

本を読むスピードの遅い僕でも、コミックスは1周するのにかかる時間は30分程度でした。前述しましたが、とても読みやすくわかりやすい内容になっていました。

では、内容が薄いのか?というとそうではないです。先ほどの「マンガならでは」の理由もそうですが、解説ページ(各章に解説があります)も非常にまとめられていました。堀江氏の主張を見出しにおき、「なぜなのか」という根拠を中心に説明されていました。ぐだぐだとエピソードや仮の話なんかを持ち出す啓発本とは大違いです。

読み終わってから気づきましたが、この手の啓発本において「短時間で読める」ことは大きいのではないでしょうか。1回読んで、はい、終わり…とはいきませんよね?何回も繰り返し読む、考えがブレそうになったら読む。こうしたことが必要ですもんね。

『多動力』を持っているけども…という人へ

べた褒めしてますけど、既に『多動力』を購入され、読み終わっている方は購入しなくていいと思います。僕はマンガを先に読み、あとからと読みました(立ち読み)が、特に大きな変化はないです。逆にマンガを購入して、元の『多動力』も…という必要もないです。

ただ、買ってみたけども読んでない方は、マンガ版を購入することもひとつの手だと思います。読みはじめるハードルがガクッと下がりますし、断然わかりやすいです。

また、行動するための1つのエンジンとして購入するのもオススメです。短時間で読んで、自分の行動したい欲をあげてから、取り組み始める。イイですよ!コレ!

エンジン目的に購入される場合は電子書籍がオススメです。スマートフォン内のアプリでいつでも気軽に読めるからです。Kindleのアプリはコチラです。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

なぜ、誰もが行動したくなるのか?

本書の一番の特徴は、行動したくなる書籍であることです。『多動力』よりもずっとずっと行動したい!と思えます。それは、なぜか。

その最大の理由は本書を通して、ストーリーが存在するからです。それも「仕事できる先輩」と「できない主人公」という非常にわかりやすい物語。ベタベタですね。

でも、既にやり尽くされたベタベタの話であるからこそ、誰でもわかりやすく、行動しようと思える。主人公のごとく変わろうという気になれる。そうした効果があると思います。

読んだだけじゃダメ!行動する意識を持とう

既にいちはやく読みたい!という気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

そうした人こそ注意が必要です。読み終えてそのままにしてしまう恐れがあるからです。本書を読むことは手段です。目的ではありません。なぜ、読むのか。なんのために読むのか。

行動するためですよね?多動力を身につけるためですよね?

読んでそのままにしないよう、日頃から意識づけておきましょう。できる限り意識できるよう、要点・格言10個をまとめた画像を作りました。チョイスは僕の独断です。章題になっているものもあれば、中身を言葉に僕がまとめたものもあります。

まだ読んでいない人は、「なぜ?」と疑問に思うものもいくつかあるかと思います。その詳しい理由について、ぜひ本書を読んで納得して貰いたいです。

画像はご自由に活用ください!オススメはスマートフォンの壁紙です!

おわりに

堀江氏の考えが大きく変わらない限り、堀江氏の書籍はこの1冊で十分でしょう。(むしろ、変わってもらっては困るんだが…)

『マンガで身につく 多動力』はこれまで堀江氏の本を読んでこなかった僕のような人にこそ、オススメしたいです。「マンガ」から行動力・多動力を身につけてみてください。