新社会人の兄が心配でならない


4月最初の平日。今日から新社会人という人も多いのではないでしょうか?既に入社式終えている人もいるかな?

僕の兄も今日から新社会人なんですよ。

ただ、僕は兄が心配で仕方ないのです。

教師になるために教育学部へ

僕の兄は僕と違って勉強できるマンなんです。兄は地元で最も成績のいい高校へと進み、とある国立大学の教育学部に進学しました。元々、教師になりたかったそうで。それで、教育学部。

弟は「ふーん」くらいにしか思ってませんでしたね。兄なら教師なんて簡単やろ。それくらいに考えてました。

すると、2年になった頃。突然、兄が切り出したんです。

「教師になるのはやめます」

僕は母親を通じて聞かされました。母親はだいぶ怒ってましたね。ふざけんじゃないわよって。教育学部でしょ、教師にならなくてどーすんの?って。

でも、よくよく聞いてみると教師にならず、就職する先輩も多いのだとか。

僕はこれを聞いて、「いいんじゃない?とりあえず、卒業したら働いてください」と前向きに捉えるようにしました。

母親はしばらく、納得のいかない様子でしたが…

面接は恐ろしい

その後、兄は市役所の公務員になろうと考えたんです。(教師も公務員だけども)

それも、なかなかに特殊な部署。以前、おかしなジャンパー作っちゃった部署です。

こちらの漫画を読んだことがきっかけ。

ふむ。悪くはなさそう。というか、仕事の中身は凄い良い。しんどそうとは思うけども、カッコいいやん。何より、兄に向いている気がする。弟の俺がいうのだ。間違いない。

と思っていると…

2次面接で落ちました\(^o^)/

これだから、恐ろしい。試験でなんとかなるものではないですからね…

文系とはなんだったのか

その後、仕方なく一般企業に就職することにしました。とはいえ、営業マンにはなりたくないと。

あちゃー。どこ勤めるんだこの人…

とか思ってたら、とある企業から内定をもらい、その会社に決めてしまうと。

何の仕事?職業は?

兄「たぶん、SE」

えぇ…なんで…うそだろ…

結局、兄はなんの経験もないエンジニアの道へ進むことに。今は、資格の勉強で忙しいだとか。

兄よ。なぜ、こうなった。

拝啓、兄へ

当初の目的とは全く違う道に進むようですが、弟としては働いてさえ貰えれば、ごちゃごちゃ口出しする気はないです。

これもなにかの縁です。とりあえず、1ヶ月で辞めちゃいました!なんてことのないよう頑張ってください。

それから、弟に基本情報技術者に関する質問をしてくるのは構いませんが、もう少し基礎知識を蓄えてから質問してください。基本のことすぎて、心配です。

辞めないでとは言いましたが、死にそうになるまで、ひとつの会社にとどまらないでください。きっと、もう少し優しい会社もあるはずです。

何はともあれ、新社会人。おめでとう。