エンジニアを目指す学生へ!実際に経験した就職活動を公開中!

【エンジニア就活】逆求人イベントを徹底解説!参加方法から企業一覧まで

made by hiibii.net with Canva

以前の記事に引き続き、エンジニアを目指す学生の就職活動にとって有益な記事をアップしていこうと思います。今回は、僕の就職活動の肝となった「逆求人イベント」について細かく紹介していこうと思います!

【エンジニア就活】大学3年生の間に内定を貰うべくやった8つのこと

優秀な学生を確保するには、逆求人イベントが最適?

企業側はなぜ、逆求人イベントを利用するのでしょうか?

企業側は、早いうちに優秀な学生を確保してしまいたいからです。

「早いうちに」というのは、経団連がルールとして定めた説明会の解禁までにということです。つまり、就職活動が本格化する前の3月頃までに確保しておきたいのです。

経団連のルールは存在こそしていますが、守られていません。また、Web系企業を主とするIT企業の多くは、経団連に加盟していません。経団連が解禁日を定めたところで、IT業界にはなんら関係ないのが現状なのです。

となると、優秀な学生の取り合いになります。しかし、企業側が自らの足で全国の優秀な学生を探してくるのは、あまりにも非効率です。とはいえ、優秀な学生をとられたくはない。

そうした企業にとって、(最低限のレベルを持った)優秀な学生を確保するのに逆求人イベントはちょうどいいわけです。そのため、逆求人イベントを頼るのです。

そのため、内定の貰いやすさが全然違います書類選考がないのはもちろん、2次面接からというものも多く見られました。招待制のイベントに参加できるなんていうのもありました。

学生にとっては、リ◯ナビやマ◯ナビなどから面接にこぎつけるまでの面倒な手間が多数省ける上、特別チケットまで貰えてしまうわけです。これは参加するしかないですよ!

逆求人イベントに参加するには

そうした企業側の期待のこもった逆求人イベントに参加するには、どうしたらいいのでしょうか?逆求人イベントに参加するには、逆求人イベントを運営している就職活動支援のサービスに登録する必要があります。オススメできる3つを挙げておきます。

いずれもエンジニアに強い就職活動支援サービスです。僕自身が利用したのは、サポーターズとキャリアセレクトの2つです。サポーターズは、関東だけなく関西にも強いです。キャリアセレクトは学生個人にメンターがつくため、様々なことを相談しやすいです。ジースタイラスは、利用こそしたことないのですが、上の2社同様の噂を聞きます。3社とも登録しておくと良いと思います。

どのイベントにも定員が決まっています。そのため、申し込んだだけでは参加できません。合同説明会などと違って、何百人も参加することはできません。何より、あなたが参加するに値するのかどうか審査されるのです。

(中には審査の存在しないものもあるようです。詳細はイベントページでご確認ください)

審査にあたり、直々に電話やオンライン面談があります。「自分で開発したものは?」や「学生時代、何に熱中しました?」と言う質問がほとんどです。どんな会社に入りたいか、入社後何をしたいか等は聞かれません。成果物や実績と呼べるものが必要不可欠です。まだ何もないと言う人は、今からでも開発に勤しみましょう。

中には、極秘の招待制イベントも存在します。僕が某社の一般的な逆求人イベントに参加申し込みをしたあと電話がかかってきました。開発したものについて熱く語っている説明していると「実はこういう逆求人イベントもありまして〜」とイベントページには載っていないイベントを紹介されました。参加してみると、会場の大きなプロジェクターには、「招待制」の文字がデカデカと表示されていました。

ぜひとも、盛大な成果物を開発して招待制に呼ばれるようになってください。

どんなIT企業が参加するのか

ここまで逆求人イベントのメリットなどをしてきましたが、気になるのはその「参加企業」ですよね?名前を出してしまおうかとも思いましたが、さすがに野暮な気がするので「ざっくりと」ご紹介します。

  • 渋谷区メガベンチャー、ミドルベンチャー
  • 六本木ヒルズ企業
  • 五反田ミドルベンチャー
  • 千代田区メガベンチャー
  • 中央区外資コンサル

まる分かりな気もしますが、一応このレベルで留めておきます笑

もちろん、上の企業がすべてではありません。それでも、小さすぎる企業やメーカー企業さんはほとんど見かけませんでした。ざっくりとした企業一覧を見てみて、どうですか?参加したくなりませんか??

僕はこれを見て、なんとしても参加するしかない!と感じました。ここで特別チケットをもらえれば、エンジニアの道は大きく切り開くのではないかと思ったためです。まだ、内定を貰っただけなので、実際のところはわかりませんがね。ブラック企業でいつまにか社畜になっていた。なんてことはなさそうですよね笑

逆求人イベントのスケジュール

逆求人イベントは11時頃に開始、夜19時頃の解散が多いです。1日がかりです。お住いの地域次第では、前日入りも考える必要があるかもしれません。前もって確認しておきましょう。

スケジュールは、以下のような感じです。(時間等はイベントによって異なります)

STEP.1
運営からの事前説明
11:00〜12:00 この時点では、運営陣と学生のみ。1日の流れや注意点、1on1面談時のアドバイスなど。学生からも企業側にコメントを書く必要があるため、その説明がされる。遅刻することなく、きちんと聞いておこう。
STEP.2
企業プレゼンテーション
13:00〜13:30 およそ30分ほど。1社あたり5分程度のプレゼンテーション。ただ、5分をオーバーすることも。面談時の話のネタになりそうなことはメモしておこう。
STEP.3
1on1面談
13:30~18:00 1on1面談25分8セット。中には10セットなども。面談と面談の間には休憩がある。お手洗いは済ませておこう。面談の最中に…なんてことのないように。
STEP.4
ピザとお酒でフリートーク
18:00〜 基本的にピザとお酒。フリードリンクもある。技術の話、面接の話、就活あるある。なんでもあり。中には、人事部抜きの学生とエンジニアだけでトークする時間が設けられているケースも。終了については、1時間きっぱりのことも、長々と雑談になることもある。

帰りの新幹線や電車の都合であれば、フリートーク中に途中退室することも可能です。丸1日話しっぱなしで疲れますが、1回参加するだけでもたくさんの情報を得られるので、ドンドン参加申し込みすることをオススメします!

1on1面談の詳細とは

1on1面談の流れは概ね以下の通り。(時間配分等はイベントによって異なります)

STEP.1
学生プレゼンテーション
10〜15分ほどが目安。プレゼンテーションだけで面談が終わってしまわないようにしましょう。
STEP.2
フリートーク&質疑応答
10〜15分ほど。事前に考えておいた質問をぶつけましょう。プレゼンテーションの深掘り質問がバシバシ飛んできます。自信をもって答えられるようにしておきましょう。
STEP.3
休憩
5分。上と合わせて30分といった具合。水分補給はこまめに。口が乾いたままのプレゼンテーションはみっともないです。

僕の経験したイベントは1社25分。15分ほどプレゼンテーション。残る10分雑談という感じでした。10分の雑談には、選考という感触はありませんでした。(実際には、25分をどのように使ってもよいのですが、このくらいの配分をオススメします)

エンジニアさんからは、「へー面白いもの作るね。そのフレームワークのどこが好き?」という技術に関するなにげない質問が多かったです。人事の方からは、「うちは~というのをメインにやっています。~について興味はありますか?」という自社サービスに関するものが多かったです。コミュニケーション能力でも見ているのかな?ほんとに雑談という感じでした笑

この25分1セットが丸1日で8,9セットありました。僕は日帰りだったので、結構疲れました。とはいえ、1日で8,9社と情報交換できると考えれば超お得ですよね。

1on1面談をより良いものにするためには

せっかくの逆求人イベント。せっかくの1on1面談。少しでも良いものにしたいですよね。より良いものにするために、僕が心がけたことは以下の3点です。

  • 企業研究をしっかりしておく
  • プレゼンテーションを良いものにする
  • 質問を考えておく

いずれも必須です。相手が何をやっている会社なのかも知らないまま臨むのはもったいないです。スライドが見にくいものやまとまりのないものはNGです。質問はありますか?と聞かれて「ないです」は論外です。

ちょっとずつでもいいので、参加する企業各社について対策をしておきましょう。プレゼンテーションに関しては、凄い開発をされているのに、せっかくの魅力が伝わない!というものを多く見かけました。質問は事前に考えておきましょう。

プレゼンテーションを良いものにする秘訣は近々、別の記事に書きます。合わせて読んでもらえると嬉しいです。

おわりに

逆求人イベントに関する解説は以上となります。今後は、プレゼンテーションを良いものにする方法や実際の面接の受け答えなどを解説していきたいと思います。

開発物のある人は今すぐ登録、申し込み。ない人は開発を考えるところから。思い立ったときに行動することが大切ですよ!

【エンジニア就活】大学3年生の間に内定を貰うべくやった8つのこと
テキストのコピーはできません。