【無制限】入院におすすめのレンタルWiFi第1位【期間別】

入院中は本当に退屈ですよね。入院中の退屈な時間を少しでも楽しく有意義に過ごす方法はたくさんありますが、「快適なインターネット環境」が必要ですよね。

入院生活において快適なインターネットを楽しむべく「レンタルWiFi」の利用をお勧めします。専用の小さな端末をレンタルすることで、どこでも快適なインターネットを楽しむことができます。

しかし、レンタルWiFiの中には「入院中の利用を禁止するもの」や「使えるデータ量に制限があるもの」、「解約料金や初期費用が発生するもの」が存在します。また、通信速度や通信容量、価格や利用形態などあらゆる点でレンタルすべきWiFiサービスは異なります。そのため、入院にピッタリのレンタルWiFiを見つけるのはなかなかに大変です。

本記事では、10,000時間/30回以上入院し、うち10回以上レンタルWiFiを利用した僕が、あなたの入院に最適のレンタルWiFiをご紹介します。

とにかくおすすめのレンタルWiFを!という人へ

本記事では、入院のレンタルWiFiに重要な共通点を説明し、入院期間ごとにどのサービスが良いのかをご紹介していきますが…細かいことはどうでもいい!とにかくモノを教えてくれ!という方もいられるはず。

そこで本記事で紹介するレンタルWiFiすべてを簡単にまとめました。

  • 超短期間の入院には【Wifiレンタルどっとこむ】
  • 1週間ほどの入院にはNOZOMIWiFi
  • 2週間〜1ヶ月の入院には株式会社グローバルモバイルのSoftBank Pocket Wi-Fi 501HW
  • 入院期間が予想できなければ、同じくSoftBank Pocket Wi-Fi 501HWを延長利用する
  • 詳細は続きをご覧ください。

    入院時のレンタルWiFiに必須の共通点

    本記事にて紹介するレンタルWiFiには他にはない決定的な共通点があります。その共通点とは「本当に無制限」であるということです。

    本当とは?偽物の無制限なんてあるの?と思われるかもしれません。多くのレンタルWiFiにおける「無制限」には、「N日間でX[GB]以内ならば無制限」という縛りがあります。3日間で7GBや10GBという商品が多いです。制限を超えてしまうと、その後の通信速度がグッと低下してしまいます。

    この縛りがありながら、本当に無制限だと言えるのでしょうか?たしかに、旅行中の利用や普段の使い方ならば、3日間で7GBを超えるようなことはそうそうないです。

    しかし、あなたは「入院中の利用」を目的にレンタルするのです。

    とてつもなく退屈な時間をいかに楽しく過ごすのか。その答えとして、レンタルWiFiを利用して動画を閲覧したり、ゲームを遊んだりするのではないでしょうか。使用するデータ量を気にしたくないですよね。せっかくレンタルしたのに、すぐに速度制限をかけられしまった…ではダメなんです。

    入院時のレンタルWiFiは絶対に本当の無制限を選ぶべきですよね!

    本記事において紹介するレンタルWiFiは、すべて以下の条件を満たしています。

    • 入院中の利用を禁止されていません
    • 違約金・解約金は発生しません
    • 工事・工事費の発生はありません
    • 通信容量は本当に無制限です(異常な利用には制限されることがあります)

    入院期間別・おすすめレンタルWiFi第1位

    記事の情報を更新にあたり、入院期間ごとにおすすめするレンタルWiFiを分けました。利用する期間に応じて価格が大きく異なるためです。

    超短期間のレンタルWiFi第1位

    1週間にも満たない超短期間の入院におすすめのレンタルWiFiとは 【Wifiレンタルどっとこむ】 です。

    WiFIレンタルどっとこむはレンタルWiFI業界で一番の人気を誇っています。機種やサービス内容が豊富であることがその理由だと思います。

    僕が一番のおすすめは「Softbank 501HW 無制限」というサービスです。

    これは、上記で述べた本当の無制限であることに加え、専用のアプリをお手持ちのスマートフォンにインストールすることでテレビが見られます。まさに一石二鳥ですよね。

    ただ、入院先の病院によってはあんまり安定しないのでおまけといった感じですね。(TVの安定度とWiFiの安定度は全くの別です)

    また、利用日数を1日単位で決めることができるのも嬉しいポイントです。最短1日からでも利用できますよ!

    1週間利用のレンタルWiFi第1位

    1週間程度、利用する際の最強のレンタルWiFiとは NOZOMIWiFi です。記事を大幅に変更することになったのはほとんどこいつのせいこのサービスのおかげです。

    1週間プランは1,980円、2週間プランは2,980円。これは市場を破壊するレベルの安さです。何か裏があるのではないかと思い、直接問い合わせてみましたが、解約金・違約金・初期費用すべて0円という回答が返ってきました。もちろん、本当に無制限です。

    なお、月額プランは初期費用や事務手数料が発生します。ご注意ください。あくまで、1週間、2週間プランの利用をオススメしています。

    日割りこそできませんが、同期間の利用でこの安さは他にありませんね。こちらは2017年12月に誕生したばかりです。最新サービス恐るべし。

    2週間〜1ヶ月利用のレンタルWiFi第1位

    2週間〜1ヶ月という期間が最も利用する人が多いだろうと僕は予想しています。そういうこともあってより良いサービスを探してまいりました!

    2週間〜1ヶ月利用のレンタルWiFi第1位は、株式会社グローバルモバイルの SoftBank Pocket Wi-Fi 501HW です。デイリープランこそ480円/日と決して安くはありませんが、1ヶ月単位のマンスリープランでは6,000円/月と破格の安さを誇ります。もちろん、こちらもWiFiレンタル.com同様、TVチューナー機能つきの端末です。

    どのレンタルWiFiサービスも2週間を超えると、日単位でレンタルしていても1ヶ月利用と同額という場合が多いです。この場合のデイリープランも13泊を超えるようであれば、マンスリープランのほうがお得です。

    また、上でも述べましたが、501HWという機種はTVチューナー機能が付いてきます。スマートフォンに特定のアプリをインストールすることでTVが見られます。

    他の月額タイプのレンタルWiFiサービスでは、初期費用や事務手数料に加え、2年縛りの違約金・解約金が発生する場合が多いです。その点、こちらのマンスリープランでは初期費用や事務手数料、違約金・解約金は一切、発生しません。

    厳密には1ヶ月で300GBを超えると速度制限が発生しますが、個人の利用の範疇でひと月に300GBを超えるようなことは、まずないので問題ありません。

    利用期間が予想できない!場合のレンタルWiFi第1位

    入院期間が全く想像つかない。そんなケースも十分ありえますよね。なんせ入院するわけですから。

    入院期間が予想できないあなたにおすすめの手段は「延長利用」です。

    株式会社グローバルモバイルの SoftBank Pocket Wi-Fi 501HW では、特別フォームから簡単に延長を申請することができます。

    マンスリープランでは200円/日のままレンタルを延長することができます。また、3ヶ月,6ヶ月の利用になると10%もしくは15%の割引が適用されます。延長とは思えない良心設計ですよね。本当に簡単に延長できるので迷ったらコレ!って感じです。

    おわりに

    入院におすすめのレンタルWiFiを利用期間ごとに紹介しました。

    過去には他のレンタルWiFiを利用していて、通信速度の制限にイライラすることがありました。「同じような経験をしてほしくない」と思い、紹介させていただきました。

    旅行や出張などと同じように、入院につかうレンタルWiFiを選ぶのは危険です。退屈な入院生活を過ごすため、料金や利用形態をよく考えてから選んでくださいね!