エンジニアを目指す学生へ!実際に経験した就職活動を公開中!

【エンジニア就活】内定を勝ち取るプレゼンテーションに必要な3つのこと

create by hiibii.net with Canva

前回、就職活動における強力手段「逆求人イベント」について解説しました。今回は、その逆求人イベントにおいて披露するプレゼンテーションを良いものにするべく必要な3つの要素について述べたいと思います。

【エンジニア就活】逆求人イベントを徹底解説!参加方法から企業一覧まで

中には、1次面接として同じようなプレゼンテーションを要求してくる企業も存在します。(実際に体験しました。)ぜひ、参考にしてください。

逆求人イベントのプレゼンテーションにて話すべき内容は、あなたのアピールです。「大学生活中にこんなことをやってきました」というのが主たる内容です。ですが、ただやってきたことを話すのではなく、相手の欲しい情報を伝えられるようにプレゼンテーションすることが大切です。

あなたの凄いところ、実績を教えて欲しいのだけれども、それだけでは「企業の求める人」なのかわかりません。各企業独自の求める人材像もあります。しかし、前提として、企業の求める人材とは「これまで凄いことをやってきた人」ではなく、「これから凄いことをやってのける人」なのです。

これまでの経験が今後に与える影響は大きいです。そのため、過去の実績を頼りにすることはあります。だからこそ、逆求人イベントやポートフォリオが活きることになるわけです。

しかし、実績だけであなたの今後の力を測るのは難しいのです。その力があるということを証明するために、以下の3点を重視したプレゼンテーションをしてみてください。

1. 「なぜなのか」を明確にする

1つ目は根拠を明らかにすることです。逆求人イベントに参加するにあたり、何かしらの成果物を制作してきた経験があると思います。

なぜ、制作したのでしょうか?なぜ、その成果物を制作したのでしょうか?

プレゼンテーションにおいて、制作理由を明確にすることが必要です。

先輩に言われたから。面白そうだと思ったから。社会に役立つと思ったから。

こうした理由は非常に弱いです。先輩に言われたら、なんでもやる人なのかというと、違いますよね?きっかけは、先輩だったかもしれません。しかし、それだけで制作を決めたわけではないはずです。きっかけと根拠は異なります。きっかけから、一歩深く踏み込んでください。

面白そうだったからというのも問題です。何がどう面白そうだと感じたのか。その説明が必要です。人事の人はあなたの経験すべてを知っているわけではありません。何がどう面白いのか、過去のエピソードや実体験を掘り起こして説明してみてください。

社会のために開発することは大変有意義です。誰もが尊敬してくれるでしょう。では、今すぐNPO法人や海外青年協力隊に所属したいですか?多少はその気があったとしても、逆求人イベントに参加している時点でそうではないはずです。人の役には立ちたいが、自分のできることで役に立ちたい。これが本音でしょう。だとしたら、「社会に役立つから」は理由になっていません。

なぜ?どうして?を繰り返しみてください。

2. 壁にぶち当たった経験を説明する

冒頭で述べた通り、逆求人イベントは、あなたをアピールする場です。それなのに壁にぶち当たった経験が必要とは何事?わざわざ言う必要なくない?と思いませんでしたか。

なぜ、苦しんだ経験をプレゼンテーションに組み込むのか。

それは、社会に出ると、答えのない問題を解決しなくてはならないからです。

答えのある問題は、答えを覚えてしまう、答えのパターンを見つけることができれば解決します。ですから、一見、難しい問題も時間をかければどうにでもなるのです。

では、答えのない問題はどうか。問題を解決しようとしていたが、そもそも問題の認識は正しくなった。問題を解決したはずが、別の問題を起こしていた。時間や予算をかければ解決するが、時間や予算が限られている。机の上では解決するのに、実際の現場では解決しない。などなど…

答えのない問題を解こうとした時は、常に壁にぶち当たるわけです。

ですから、大学生のうちに、壁にぶち当たった経験はないのか?と企業側は知りたくなるのです。経験が豊富であれば、それだけ耐性もつきます。企業側が社会についていけない人より、必死にもがこうとする人が欲しくなるのは当然ですよね。

3. 解決策を解説する

企業の求めるスキルの1つは、「問題が起きた時、解決に導けるのか」です。

問題が起きないようにすることは不可能です。逆になんの行動も起こせず、成果もあげられません。そのため、問題が起きることを前提として、諦めずに解決に導けるのかどうかが大切なのです。

上に述べた壁にぶち当たった経験だけでは、勿体ないです。問題は解決しました」という事実だけを伝えても無駄です。「どうやって解決したのか(=How)」という点が重要です。

ここを正しく説明できるのかどうか、気にされます。「よくわからないけど、解決した」や「頑張ったら解決した」では応用ができませんよね。序盤で述べた、これから凄いことをやってのける人は、解決策をどのように導き出したのかを解説することができ、「入社後も問題を解決していってくれるだろう」と応用する力を見込まれているわけです。

ただ、問題とその解決策を述べるのではなく、どんな問題をどうやって解決したのか説明できるようにしておきましょう。

まとめ

ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • プレゼンテーションはあなたのアピールの場
  • プレゼンテーションでは制作物について話す
  • ただ、話すのではなく3つのことを含むようにする
  • なぜ、制作したのか
  • 制作中に苦しんだことは何か
  • 苦しんだことをどうやって解決したのか

終わりに

逆求人イベントにおけるプレゼンテーションは、あなたの就職活動において最も重要と考えてください。ここさえ、うまくいけば、書類選考突破はもちろん、1次面接スキップもありえます。

企業にあなたというものをしっかりアピールできるプレゼンテーションをしてみせてください。少しでも参考になれば嬉しいです。

【エンジニア就活】大学3年生の間に内定を貰うべくやった8つのこと
テキストのコピーはできません。